「たけしの家庭の医学」で話題|新型腰痛の確認と予防法

テレビなどでも取り上げられる機会が増えた新型腰痛ですが、普通の腰痛とは何が違うのでしょうか。

「たけしの家庭の医学」でも放送されたことで、腰痛に悩む日本人が想像以上に多いことが分かりました。

国民病とも言われるようになりましたが、腰痛を訴えている人の8割以上は原因が分からないと悩んでいます。

この8割以上の方が新型腰痛に分類されるのです。原因不明と言われると少し怖いような気もしますが、これまでの腰痛とは何が違うのでしょうか。
新型腰痛の場合
痛みの要因を突き止めていけば、痛みを解消するための方法を導き出すことが出来ます。一説によれば新型腰痛の原因はお尻にあるという話があります。

原因が分かればあとは痛みを解消させる方法を導き出すだけです。一般的に新型腰痛にはどんな症状が現れるのか、一般的な腰痛と比較しながら追及してみましょう。

一日も早く腰痛を無くすためにも自分の腰痛は新型腰痛なのか簡単チェックしていきましょう。また、新型腰痛を改善するためのストレッチも毎日の生活に取り入れていきましょう。

関連記事おすすめの腰痛マットレスはこちら

腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
2018.8.23
寝ている間に疲労を解消させたり、健康な体を維持するわけですが、これからマットレスを購入する際、どんなこだわりを持って自分に合うタイプを探しますか? 腰痛を解消するため、正しい知識を持ってマットレスを探すことがとても大事です。腰痛マットレスの特徴をはじめ、使っている方たちの体験談、腰痛マットレスのラン...

どんな痛みを感じているか

日本には長期にわたって腰痛に悩まされている人は多く、厚生労働省の発表によるとその数は2800万人と言われています。

国民病と言われるのも納得の数字ではないでしょうか。新型腰痛は原因がハッキリしないと言われているものの、元をたどれば原因がない痛みなどありません。

必ず原因があるから痛みが発生するのです。腰が痛いと言っても痛む場所や痛み方によって原因も病名も異なります。

新型腰痛の場合、その多くが殿皮神経障害と診断されます。聞きなれない病名に驚く方も多いかもしれませんが、殿皮神経障害とはその名の通り、

神経が圧迫されている状態によって痛みが発生する症状です。殿皮神経でも上殿皮神経と中殿皮神経のふたつがあります。

新型腰痛で痛む場所ですが、ひとつめが上殿皮神経、もうひとつが中殿皮神経のある場所です。上殿皮神経の場所は丁度、腰骨当たりの高さにあり、背骨から測って7センチの左右にあります。

中殿皮神経はお尻の割れ目の上あたりにある骨の出っ張りを中心に左右3.5センチあたりに通っている神経です。ここを押すと痛みを感じるようであれば殿皮神経障害による腰痛と診断されます。

もちろんこれはあくまでも自己診断になりますから、はっきりとした病名は専門の病院で診てもらうことで判明するでしょう。

病院に行って原因不明と言われることもありますが、新型腰痛について担当医に相談してみてください。

なかには、患者から病名を言われて難しい顔をする医者もいますが、それは患者に寄り添った診察が出来ない医者と判断できますから、セカンドオピニオンをおすすめします。

ちなみにセカンドオピニオンについて不安に思う人が多いのは日本人の特徴のようです。目の前の先生に申し訳ないと思ってしまう傾向が強く、診断内容や治療内容に納得しないまま同じ病院に通い続けてしまいます。

それは結果的に自分のためにはなりませんから、痛みを一日も早く解消させるためにも原因をハッキリさせたいなら信頼できる病院で、信頼できる先生に出会うことが大切です。

原因がハッキリすれば治療に前向きになれる

腰痛

どんな病気にも共通して言えることですが、原因が分からない痛みというのは不安な気持ちに襲われます。

最近はセカンドオピニオンのことも広く認知されるようになり、原因が分からないまま治療を続ける患者がずいぶん減りました。新型腰痛も同じで、痛みがあるのに原因が分からず痛み止めを処方されたり、注射を打たれることほど怖いものはありません。

もともと殿皮神経そのものが非常に細く、レントゲンやMRIに映りにくいという特徴を持っています。そのため、痛みの原因はあるのに原因が分からないと診断されてしまうのです。

これまで原因不明と診断されてしまったのは、殿皮神経が映らずに特定できなかったためと分かったことが、痛みに適した治療を見出すことが出来る大きな一歩となりました。

先にも話したように、上殿皮神経中殿皮神経と二か所痛むところがあるので、片方だけが痛む場合や、どちらも痛むことがあるでしょう。

新型腰痛は人によっても痛みの度合いや痛む箇所が違うので、信頼できる病院で診察してもらうことが原因追及の第一歩に繋がります。

もちろん、自宅で簡単チェックも出来ますが、最終的に専門医による診断があることで原因を取り除くことも出来ますし、症状に合った治療を続けることも出来、一日も早く痛みを解消させることに繋がります。

これまで原因が分からないと言われていた新型腰痛ですが、時代の流れや医学の進歩によって原因が分かったことは腰痛を抱える人にとって大きな安心材料になったことでしょう。

関連記事おすすめの腰痛マットレスはこちら

腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
2018.8.23
寝ている間に疲労を解消させたり、健康な体を維持するわけですが、これからマットレスを購入する際、どんなこだわりを持って自分に合うタイプを探しますか? 腰痛を解消するため、正しい知識を持ってマットレスを探すことがとても大事です。腰痛マットレスの特徴をはじめ、使っている方たちの体験談、腰痛マットレスのラン...

新型腰痛と普通の腰痛には違い?

新型腰痛の場合

腰痛と言ってもいろいろなタイプがあるので、それぞれ痛みの度合いも痛む場所も違いがあります。

新型腰痛の場合、症状として訴えられるものが「痛む箇所をクギで刺されたように痛い」と表現する方もいますし、その痛みが体を横にしたときに増してしまうと答える方も少なくありません。

慢性的に痛みを感じている方が多く、クギで刺されているような痛みという表現からも分かるように、痛みの度合いは決して小さいものではありません。

そのため、日常生活に支障が出ることも珍しくないのです。体を動かす時に痛みを感じてしまうため、動くのが怖いという方もいますし、その結果、仕事どころか外出することすら恐怖に感じてしまうと言います。

家の中なら我慢も出来るし、痛みがあったらじっと黙っていればいいけれど、外出先で強い痛みが出てしまうと周囲の視線が気になるし、痛みに対応できずに困るというのです。

このままでは普段の生活を送ることが困難になりますから、一日も早い治療が必要になるでしょう。

一般的な腰痛の場合

腰痛

腰痛にはいろんな種類があって驚かされることもあります。ひとつが「加齢」によるもの、そのほかにも「脊椎」「筋肉や神経」「椎間板」「内臓」など、

腰痛と言っても様々なことが原因に痛みが引き起ってしまいます。例えば加齢ですが、年齢を重ねてくれば腰が痛いと訴える人が多くなります。

変形性脊椎症、脊椎骨粗しょう症、椎間関節症などが代表的です。そのほかにも脊椎分離症や脊柱管狭窄症、脊椎すべり症など脊椎に原因がある腰痛、重たいものを持ち上げたときになってしまうギックリ腰に悩まされる人も少なくありません。

椎間板に原因がある椎間板ヘルニアは腰から足のつま先まで痛みやしびれが強く出てしまい、重症化すると排尿障害が出てしまうこともあります。

場合によっては手術が必要になることもある腰痛です。内臓が原因になると聞くと怖い気もしてきますが、泌尿器系疾患や消化器系疾患、循環器系疾患、女性特有の疾患などでも腰に痛みを感じることがあります。

特に腰に負担がかかるようなことはしてないのに腰が痛いという場合は、悪化する前に病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

それからインフルエンザや風邪のように熱が出たときの腰が痛くなることがありますが、こちらは一時的に痛むだけなので、症状が改善されると腰の痛みもなくなります。

新型腰痛の原因はお尻が作っていた?

新型腰痛で腰が痛いのにお尻に原因があると言われてもピンとこないかもしれません。新型腰痛の痛みの原因と言われているのが殿皮神経ですが、この神経はお尻にある神経です。

腰の部分からお尻の左右に向かって伸びている神経で、ここに痛みを感じるのが新型腰痛の特徴です。

人それぞれ痛むきっかけや原因が様々ですが、この殿皮神経が骨盤に当たって押されてしまうことで痛みが伴い、いろんな症状を引き起こしてしまいます。

その大きな原因とされているのが「お尻の圧迫」と「骨と神経がこすれる」ことです。

お尻の圧迫による新型腰痛

お尻が圧迫される状況と言えば「座ること」です。ディスクワークなどで椅子に座った状態が長かったり、

体を動かすことが苦手で家にいても座った状態が多いという場合、お尻に負担がかかっていることが分かります。この圧迫によって先ほど話した殿皮神経が押しつぶされた状態になり、神経が骨に当たることで痛みが生じてしまいます。

仕事で座りっぱなし、家で座りっぱなし、どちらか当てはまる方は多いはずです。本来であれば長時間座りっぱなしがよくないので時間を決めてちょっと立ち上がって屈伸をしたり、背伸びをするなど、お尻を圧迫状態から解放してあげることで新型腰痛の症状が出なかったはずなのです。

しかし実際には痛みが出て初めて日常生活に原因があったことに気づくため、今後の生活改善によって新型腰痛の痛みを軽減させる必要が出てきます。

骨と神経がこすれる要因

これは寝返りが大きな原因と言われています。実際に寝返りを打ってみるとわかりますが、お尻の筋肉が引っ張られる状態になるのです。

筋肉が引っ張られるということは同じように神経も引っ張られますから、骨盤から背骨付近まで伸びている殿皮神経が伸びて骨とこすれてしまいます。

神経が骨に当たることで痛みが生じてしまいます。寝ている間は無意識なので、寝返りを打たないようにすることは非常に難しいでしょう。

そのため、寝具の見直しが推奨されています。自分の体にフィットしたタイプの敷布団なら腰やお尻にかかる負担が減り、圧迫状態から解放されます。

固すぎても柔らかすぎても負担がかかるので、実際に寝てみて腰やお尻が圧迫されていないタイプの布団を選ぶようにしましょう。

寝返りが多いということは寝具が自分に合っておらず、無意識の中で体勢を整えようとしていますから、新型腰痛で悩んでいるならこの機会に敷布団やマットレスを見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事おすすめの腰痛マットレスを確認したい方はこちら

腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
2018.8.23
寝ている間に疲労を解消させたり、健康な体を維持するわけですが、これからマットレスを購入する際、どんなこだわりを持って自分に合うタイプを探しますか? 腰痛を解消するため、正しい知識を持ってマットレスを探すことがとても大事です。腰痛マットレスの特徴をはじめ、使っている方たちの体験談、腰痛マットレスのラン...

自宅で簡単に新型腰痛をセルフチェック

新型腰痛の特徴

まずは新型腰痛を患っている方が訴えている特徴をひとつずつ確認していきましょう。歩くときに足を前後に振って歩くのがつらいですか?つらいというのは足を前後にふることで痛みが増してしまうことです。

痛みが強く出てしまうため、つい歩幅が小さくなりがちという場合は新型腰痛の可能性が高いと言えるかもしれません。それから腰から足にかけてしびれはありませんか?

これは坐骨神経痛にも似ている症状のひとつですが、腰からお尻にかけて神経が圧迫されている部分があると、その神経が通っている部分にしびれを感じることがあります。

正座をしたときに足がしびれるような、あの感覚が足を伸ばした状態でもお尻から足にかけてあるのが特徴のひとつです。

立ち姿でも座った状態でも、上半身を斜め前に倒した時に腰の痛みが増しますか?
斜め前に倒した時に神経が骨に当たって痛みが生じます。腰が痛いときに無理に倒すと痛みが増すので、ゆっくりと倒しながら痛みの程度を確認してください。
立ったままでも座ったままでもいいですが、上半身を後ろに反らせたときに痛みが増しますか?
こちらも同様に神経が引っ張られることで痛みが増してしまいます。新型腰痛と診断される可能性は高いでしょう。お尻が長時間圧迫されることで新型腰痛になりますから、長い時間座り続けることで痛みが増すこともあります。普段座っているときは厚みのある座布団やクッションがなければ辛いという訴えも新型腰痛を患う方々の特徴です。
最後に、寝るときに仰向けに寝ることが苦痛ではありませんか?
これは仰向けになった時にお尻が布団に圧迫される状態になるため、先ほどの長時間座ると痛みが増す状態に似ています。寝ている間に無意識に寝返りが多くなるのも、仰向け状態だと痛みが増すために無意識に横向きに寝姿を変えているのです。

新型腰痛を簡単にチェック方法をご紹介!

新型腰痛

自分の腰の痛みは新型腰痛なのか、それを確認する方法をご紹介します。自宅でも簡単に出来るチェック方法なので試してみてください。

新型腰痛は殿皮神経が圧迫されたり刺激されることで痛みを生じます。殿皮神経には上殿皮神経と中殿皮神経があるのでどちらも確認していきましょう。

  1. まずは上殿皮神経からです。ウエストの高さから下に向かって指5本分、さらに背骨から指5本分の左右にそれぞれあります。ここをゆっくりと押してみてください。ゆっくり押した時に痛みを感じるようであれば新型腰痛の可能性は高いと言えるでしょう。
  2. 次に中殿皮神経です。こちらはお尻のお肉が一番膨らんでいるホッペの部分で、お尻の割れ目から指3本分の左右それぞれにあります。こちらも先ほど同様にゆっくりと押してみましょう。痛みがあるようなら新型腰痛の可能性が高いと判断できます。

新型腰痛

どちらも自己診断ですが、簡単に確認できるチェック方法です。自分一人でも出来ますが、腰が痛くて手が回らないときなどは家族や友達などに押してもらうといいでしょう。

くれぐれも強く押さないように注意してください。痛みが感じるようならこのまま放置せず、専門機関を受診してください。

専門医による診察の中で必要に応じてレントゲンやMRIをとる可能性がありますが、殿皮神経は非常に細く、どちらにも映らない可能性が非常に高いことが分かっています。

そのため、新型腰痛と診断するのが難しいですが、例えば普段どんなどきに痛みを感じるのか、思いつく限りメモなどに残して担当医に伝えてください。少しでも多くの情報があれば、あとは担当医がそれらの状況から判断してくれるでしょう。

また、痛みが強い場合は痛み止めの飲み薬や、場合によっては神経ブロック注射などで痛みをとることも出来るので、我慢しないで痛みの程度もしっかり伝えましょう。

新型腰痛に改善に効果的な「お尻ゆるゆるストレット」のご紹介などをお願いします。

新型腰痛による痛みが楽になる簡単ストレッチ

腰痛ストレッチ

自宅で出来るストレッチで痛みを解消

新型腰痛で痛みがひどい場合は、専門機関に通うなどして痛み止めを処方してもらったり、痛み止めのブロック注射をすることで痛みを軽減させることが出来ます。

ただしこれは一時的に痛みを麻痺させている状態なので、新型腰痛を改善させるためには日常生活の見直しが必要不可欠になります。座りっぱなしが多い場合に症状が出てしまうわけですから、どうしても長時間座らなければいけない場合はときどき休憩をはさんでください。

仕事だとしてもサボっているわけではありませんし、ほんの数分立ち上がってお尻の負担をなくすだけですから、周囲の同僚たちに白い目で見られることもないでしょう。むしろ、新型腰痛で悩んでいる同僚も多いはずですから、アドバイスのひとつとして教えてあげるといいかもしれません。

簡単ストレッチをご紹介

腰痛

簡単ストレッチはさすがに職場でやることは無理なので、自宅に帰ってきてからお風呂あがり、体が温まってリラックスした状態のときにやってみてください。

まずは床に仰向けになります。布団の上など気持ちよさそうですが、ストレッチは体を伸ばすことを目的にしているため、出来れば硬めの床に仰向けに寝てください。もしもフローリングなど硬すぎる床の場合はバスタオルを敷いたり、お持ちであればヨガマットを敷いてもいいでしょう。

仰向けになったらその状態からゆっくり片方の足を反対側の床につくように腰をひねります。実際に床につかなくてもだいじょうぶです。

目的は腰からお尻にかけてストレッチをすることなので、痛みが伴わない程度まで片足をひねります。太もも部分やひざなど、手の届くところを抑えて20秒間そのままの体勢を保ちます。

このストレッチはお尻の筋肉が硬くなっている状態を柔らかくするもので、筋膜が伸ばされた結果、骨盤などの骨に殿皮神経が当たることを改善、さらには予防してくれます。

20秒経ったら反対側の足も同じようにストレッチしてください。これをお風呂上りに10分程度繰り返すと新型腰痛ストレッチとしての効果が高まるでしょう。

腰の痛みが強いと感じるときは無理にストレッチをしないようにしてください。安静に過ごすことが大切です。

簡単ストレッチを始める人が増えた

テレビで新型腰痛が特集されたこともあって、SNSなどでは新型腰痛予防のストレッチを試してみたという方の声があふれています。もしかしたら自分も新型腰痛かもしれないと興味を持って番組を見ていた方も多いようです。

それらの声の中には、実際にストレッチをしてみたら気持ちよくなったというものもあります。もちろん痛みの程度は人それぞれなので、酷い痛みの方は実践出来ないようですが、痛みが軽くなったら試してみたいという声も少なくありません。

SNSに寄せられている声の中には、新型腰痛の特徴にいくつも当てはまり、痛む箇所も同じだけど通っている病院では原因不明と言われ続けているという方もいます。

このまま通い続けても担当医が話を聞いてくれなさそうなので病院を変えたいという切実な声です。

軽い痛みならストレッチを続けることえ悩みが解消されるかもしれませんが、慢性的に長い間痛みがあるなら、なかなか解消されないことも考えられるので一度専門機関で受診することをおすすめします。

ストレッチを実際にやってみて心地いいと感じたり、痛みが軽減されたという実感があるようなら、ぜひ毎日続けてみましょう。

まとめ

新型腰痛のお話、いかがでしたか?慢性的な腰痛は気持ちもブルーになりがちです。痛みを軽くするために市販のシップを貼ったり、塗り薬を塗っているという方も少なくありません。

それがもし新型腰痛だった場合、原因を取り除かなければいくらシップを貼ったり薬を塗っても、痛みは解消されないでしょう。まずは原因を取り除くことが大切です。日常生活を見直すことは簡単なことではなく、

見直したことで痛みがなくなると、また腰やお尻に負担のかかる生活を送るようになってしまうものです。痛みの原因となっているものを排除すること、日常生活を見直すこと、さらには腰やお尻に負担がかからない生活を毎日続けていくことが大切です。

さらに今回ご紹介したストレッチは、新型腰痛を改善するだけでなく予防にも効果がありますから、痛みがなくなっても毎日続けてください。

慢性的な腰の痛みが続くと、その痛みをかばうようにしてほかの部位が痛み始めることも考えられます。新型腰痛の原因を紐を解いていくと年齢や性別は関係なく、誰にでも起こりうる症状です。

今は何処も痛くないという場合でも座りっぱなしでお尻に負担をかけるような状況は出来る限り無くしていきましょう。

関連記事おすすめの腰痛マットレスを確認したい方はこちら

腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
2018.8.23
寝ている間に疲労を解消させたり、健康な体を維持するわけですが、これからマットレスを購入する際、どんなこだわりを持って自分に合うタイプを探しますか? 腰痛を解消するため、正しい知識を持ってマットレスを探すことがとても大事です。腰痛マットレスの特徴をはじめ、使っている方たちの体験談、腰痛マットレスのラン...
関連キーワード
腰痛の関連記事
  • 「たけしの家庭の医学」で話題|新型腰痛の確認と予防法
  • 腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
おすすめの記事