腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング

寝ている間に疲労を解消させたり、健康な体を維持するわけですが、これからマットレスを購入する際、どんなこだわりを持って自分に合うタイプを探しますか?

腰痛を解消するため、正しい知識を持ってマットレスを探すことがとても大事です。腰痛マットレスの特徴をはじめ、使っている方たちの体験談、腰痛マットレスのランキング、選び方や注意点なども合わせてご紹介していきます。

【腰痛対策】理想のマットレスとは?

質のいい睡眠に適した腰痛マットレスとは

腰痛マットレス

心地よい眠りのために大切なこと

私たち人間は睡眠の質によって健康が左右されます。

寝ている間にしっかり疲れを解消できれば、翌朝の目覚めもよく1日元気の過ごすことが出来ますが、しっかり寝ているはずなのに朝起きると疲れが残ったままという方は少なくありません。

これにはいろんな要因が考えられていて、そのひとつが寝具にあることが分かっています。

寝具を見直すことでこれまで寝つきが悪かった方でも心地いい眠りにつくことが出来ますし、自分の体に合った寝具なら体に必要以上の負荷がかかることを予防することができます。

腰痛をの悩みを解消させるためにマットレスを見直す方も増えてきましたが、自分に合ったタイプの腰痛マットレスでなければ質のいい睡眠は保証されません。

腰痛マットレスに限らず、枕、敷布団、掛布団などのほかにも部屋の明るさや雑音などの寝室環境を整えることで、毎日快適な眠りを実現させることが出来るのです。

特にマットレスの場合、自分の体の全体重を支えるわけですから、どれでもいいというわけにはいきません。

どのような条件が必要なのか

腰痛マットレス

寝ている間、私たちが普段立っている姿に近い格好で寝るのが一番負担がかからず、疲労を回復しやすいと言われています。

普段の立ち姿を思い浮かべてみてください。肩からお尻にかけて軽くS字カーブになっていることが分かります。

このS字が体に負担をかけないスタイルなので、適度に沈むマットレスが理想とされます。

また、寝ている間の体温は起きているときに比べて低くなりますが、体から熱を出すことで体温が下がり、深い眠りにつくことができます。熱を出すということは汗をかくことですから、その汗による湿気を吸収して、さらに湿気を放出する寝具が質のいい睡眠に繋がります。

寝具を選ぶときは吸湿性放湿性、さらに体温を一定に保つための保温性、これら3つが整っている環境を作ってくれるものを選ぶようにしてください。

マットレスや敷布団の硬さ

腰痛マットレス

理想の姿勢を保つために、マットレスや敷布団の硬さも重要になります。

マットレスや敷布団が柔らかすぎると腰やお尻が沈んでしまい、立った姿勢に例えると猫背になってしまいます。腰痛の原因のひとつになるだけでなく、無意識のうちに何度も寝返りが多くなり、熟睡できなくなります。

もちろん適度な柔らかさは質のいい睡眠を実現させるために必要ですが、柔らかすぎるタイプはデメリットが増えるだけなのであまりおすすめできません。逆に硬すぎてしまうと腰やお尻の部分がまったく沈まずに、おなかを突き出したような形になります。

硬いマットレスの上に横になった時、体がシャキっと伸びて一瞬気持ちよさを感じることもありますが、その姿勢で何時間も寝ることは問題です。硬すぎるマットレスは背中あたりに負担が大きくかかり、血流が悪くなる要因にも繋がります。

血の巡りが悪いと寝つきが悪くなるため、夜中に何度も目が覚めてしまいます。どちらも寝心地が悪いだけでなく、腰に負担がかかるため腰痛マットレスを選ぶときもどの程度の硬さなのかしっかり見極めていかなければいけません。

また、同じ硬さでも体重が重ければ沈みやすく、体重が軽ければ沈みにくいので、一概に同じ硬さがいいとは言い切れません。自分に合ったマットレスを探すことが腰痛の改善、予防、そして質のいい睡眠につなげることができます。

マットレスの硬さはニュートンで決めよう

腰痛マットレス

ニュートンとは? 腰痛マットレスは、腰痛を改善、予防するために開発されました。

科学的根拠のもとで誕生したわけですから、その人に合ったタイプの腰痛マットレスに出会うことができます。

そのカギを握るのがニュートンです。マットレスには高反発マットレスと低反発マットレスがありますが、どちらにも硬さや反発力を意味する単位としてニュートンという単位が使われます。

数字で表すと170Nなどです。マットレスを選ぶときに大切な単位になります。ニュートンの数字が高ければ高いほど硬さがあり、数字が低ければ低いほど柔らかくなります。

JIS規格で決められている方法を用いて硬さを測定しています。

一般的に60N未満は柔らかめで、60N以上で100N未満は平均的な硬さ、100N以上は硬さがあると言われています。

これを踏まえて、60N未満だと低反発、100N以上だと高反発に分類されます。

マットレスの硬さを見る場合はこの数字を見極めることが大切です。

中には60Nでありながら高反発と宣伝してマットレスを販売していることもあるので、低反発、高反発という言葉だけでなくニュートンの数字も確認しましょう。

体重によって適したマットレスは違う

腰痛マットレス

低反発や高反発のマットレスは、自分に合うものを選ぶことで快適な睡眠へ誘うことができます。例えば体重が40キロの人と70キロの人では同じマットレスで寝ても、体の重さが違うため沈み方も違います。

一般的に適したマットレスの硬さ

100ニュートン(N) 体重が45kgまで
140ニュートン(N) 体重が45~80kgまで
170ニュートン(N) 80kg以上

 

この目安はあくまでも一般的に推奨されているものなので、実際に横になってみて自分が一番快適に感じるものを選ぶことが一番です。

体重がある方が低反発のほうがいいと感じた場合、毎日使い続けることでクッションの耐久がなくなってしまう可能性が早まるため、そのあたりも考慮して選ぶといいでしょう。

逆に体重が軽い場合、高反発のほうが寝やすいと感じても腰やお尻が沈まずに寝ている間中、負担がかかってしまいます。

本来理想となるのは体の沈みが分散することで体に負担がかからない状態ですから、腰やお尻など局部的に負担がかかれば腰痛が悪化するのは必然なのです。

腰痛マットレスなのに腰痛をひどくしてしまう可能性が高いので、やはり目安を基準にしてマットレスを選んだほうが無難かもしれません。

低反発マットレスも高反発マットレスも、どちらも大きなメリットがある優れた寝具アイテムです。

しかし間違った選び方をした場合は腰痛などの原因に繋がることもありますし、質のいい睡眠が取れない可能性もあるため注意が必要です。

腰痛マットレスの選び方のコツ

マットレスにはどんな種類があるのか

私たちの睡眠をサポートしてくれるマットレスには色んな種類があります。

最近注目されている腰痛マットレスは質のいい睡眠を確保するだけでなく、腰痛の改善、予防のためにサポートしてくれます。マットレスの種類について、さらにそれぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

 ボンネルコイルマットレス

一般的に広く普及しているタイプで、マットレスの中にスプリングが入っています。耐久性も通気性も高いので、一年を通して長く使い続けることが出来ます。

実際に寝たときはある程度、硬さを感じるタイプでマットレスを使っているというよりも床に布団を敷いたときの感覚に近いものがあります。

高密度スププリングマットレス

腰痛マットレス

耐久性の高いタイプで、先ほどのボンネルコイルマットレスと比較しても硬さ、反発力が高い特徴を持っています。スプリングの密度を高く配置しているため、硬さと耐久性がアップしました。

ポケットコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスと比較した場合、通気性耐久性どちらも低いタイプではありますが、コイルが連結していないことが特徴のひとつです。そのため、体の線に合わせて軽い沈みが生まれるので、体に余計な負荷がかからずに安眠へ誘うことができます。

ウレタンフォームマットレス

ウレタン樹脂が使われているタイプです。低反発ウレタンや高反発ウレタンがあり、低反発ウレタンを使ったマットレスで横になると、高い衝撃吸収性によって体の線に沿って沈んでくれます。

低反発なので体を起こしたあとは少しずつゆっくり時間をかけて元の形に戻ります。そのため体に負担がかかりません。マットレスに包まれて眠るような心地よさを感じることが出来ます。

高反発の場合は反発力があるため、体の線にそってくれるだけでなく、寝返りなどで沈んだ場合でもすぐに体のラインに沿った形を保ってくれます。

体全体をしっかり支えてくれるので、体圧分散によって体の一ヵ所に負担がかかるようなことがなくなります。腰痛持ちでも寝返りの打ちやすいタイプと言えます。

ラテックスマットレス

マットレスだけでなく枕の中素材として使われています。天然素材由来による抗菌作用があり、通気性にも優れたタイプです。

内側の素材にスリットが入っていることによって体圧分散の力を発揮させます。負荷が逃げやすいように作られているため、腰痛持ちの方にも人気があります。

腰痛を軽減するマットレス

どの程度の腰痛で悩まされているのか?

日ごろの日常生活を送る中で痛みが強すぎて大変という場合は低反発で柔らかいクッション性のマットレスがいいでしょう。

クッション性の高い高反発マットレスを選ぶと、体の重みが一点に集中してのしかかってしまうため、逆に腰に負担をかけてしまいます。体圧分散機能がある低反発マットレスをおすすめします。

例えば、

  • 夜中に腰が痛くて何度も目が覚めてゆっくり眠れない
  • 仰向けに寝ると腰に負荷がかかって寝つきが悪い
  • 仰向けに寝てみると頭やひざが浮いてしまう
  • 腰が痛すぎて体を動かしたり外に出るのが面倒になる

これらに当てはまる場合は柔らかい低反発マットレスを選びましょう。

それほど痛みは強くないものの普段腰痛を感じやすいという場合、日常生活を送ることにそれほど大変さはないという場合は高反発マットレスがおすすめです。

ある程度反発があると姿勢がよくなります。姿勢がよくなると腰が曲がらずに寝ている姿勢もよくなります。

特に坐骨神経痛やヘルニアなどで悩まされているという場合以外は高反発マットレスなら質のいい睡眠が可能になります。

腰痛の程度で選ぶマットレスの硬さは異なる

腰痛マットレス

腰痛の程度にもよりますが、マットレスの硬さを数値で表したニュートンで適したマットレスを選ぶことができます。

40N 腰痛が強すぎて頭が浮いてしまう
100N 腰痛が強くて仰向けに寝ることが出来ない
140N 軽い腰痛があり、仰向けに寝たとき腰に痛みを覚える
170N 腰痛はあるものの寝るときは特に痛みが気にならない

 

腰痛におすすめのマットレスの特徴

腰痛マットレス

腰痛持ちの方がマットレスを選ぶとき、「マットレスの厚み」「体圧分散機能が感じられるかどうか」「寝返りをしやすいかどうか」この3つのポイントから選んでみてください。

これらを踏まえて考えると、日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は、低反発マットレスをご利用下さい。

軽い痛みがあるものの体を動かすことが困難なほどではない場合は高反発マットレスが質のいい睡眠を可能にするはずです。

体圧分散機能はもちろんのこと、寝ている間は汗をかきますから通気性のいいものを、さらに頻繁に買い替えるものではないので耐久性のあるものなどにもこだわってマットレスを選びましょう。

【徹底検証】腰痛マットレスのこだわりランキング

腰痛マットレス

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム
雲のやすらぎプレミアムの特徴
  • メディアでも度々取り上げられる人気腰痛マットレス
  • 使い続けている方の多くがおすすめのマットレスとして推奨
  • 厚さが17センチもあるほか、新クロスクラウド製法による体圧分散型のマットレス
  • 独自発泡の高反発ウレタンを使用しており、マットレスのへたり難さも99.9%を誇る
  • 通気性もよく、抗菌、防ダニ、防臭効果もありますし、リバーシブル設計によって一年を通してオールシーズン使用も可能
  • 真ん中40ミリは高反発スプリングマットで、それを挟んで上下それぞれ50ミリが凸凹アルファマット、さらに15ミリは片方が春夏用のマイティトップⅡ、もう片方の15ミリは秋冬用のロレーヌダウンというフランス産の羊毛を使用
  •  安心の日本製で、ホルムアルデヒド基準をクリアしているので、小さなお子様でも安心して使い続けることが出来ます。

【モットン】球界のレジェンド山本昌さん愛用

モットン
モットンの特徴
  • 日本人の体型に合わせて開発、設計された腰痛マットレス
  • 無意識に寝返りをうちますが、その寝返りを自然なものに
  • 腰痛対策マットレスとしておすすめされているのは、自然な寝返りを可能にする反発力があるためです。
  • 体圧分散に優れた特徴があるので、腰にかかる負担も軽減
  • 8万回もの耐久試験に耐えるほどの耐久性もあり
  • 通気抜群、寝ている間に出てしまう汗をしっかり吸収
  • 90日間の返金保証期間付き、不具合があった場合に対応してくれる安心アフターサービス

エアツリーマットレス

エアツリーマットレス
エアツリーマットレスの特徴
  • エアツリーカッティングという独自の新しい構造が特徴の腰痛マットレスです。
  • 体にかかる圧迫感を流動的に分散してくれるだけでなく、凸凹した構造が体のラインに沿ってくれるので、理想の姿勢を維持してくれます。
  • 体に合わせたカッティングのため、腰の部分は硬めに、胸やヒザ部分は普通の硬さ、頭と足元は柔らかめになっています。
  • 理想の姿勢が可能になるのです。体にフィットするだけでなく体全体を優しく支えてくれますし、その結果寝返りもしやすい状態が作られます。
  • サイド部分がメッシュになっているので、通気性もあるため衛生的に使い続けることが出来るでしょう。

マニフレックス

マニフレックス
マニフレックスの特徴
  • マニフレックスはマットレスや枕、ベッドフレーム、シーツ、枕カバーなどの正規店
  • 正規店として運営しているため、長期保証もついています。
  • マットレスタイプにはマニベビー、モデル246、エアメッシュ、エアメッシュハットトリック、マニスポーツ、モデルローマ、モデルトリノ、フラッグFX、T75などが用意されています。
  • ほか三つ折りタイプやおふとんタイプも用意されているので、好みで選ぶといいでしょう。
  • 反発力は170Nなので、少し高めの反発が欲しい方に向いているタイプでしょう。
  • 保証年数も12年あり、耐久性も優れてる。
トゥルースリーパー

トゥルースリーパーの特徴
  • 弾力性や復元力の高いタイプの低反発マットレス
  • 低反発タイプなので体全体をしっかり包み込んでくれます。
  • 使われているのはウルトラビスコエラスティックという素材で、NASAが宇宙飛行士のために開発
  •  ウルトラヴィスコエラスティックは体圧だけでなく体温によって反発力や形が変わるので、その日の体に合わせて変化するマットレスと言えるかもしれません。
  • 腰と肩にかかる体圧が分散されることで、腰や肩の痛みが軽減されるほか、血流もよくなることで体全体がリラックスします。寝ている姿勢に無理がかからないので、質のいい睡眠が実現されるでしょう。
  • 60日間の返品保証のほか、1年間の交換保証付き
  • 購入後も安心サービスに守られているため購入者の評判が良い。
  • 60日間品質保証は、使用後でも返金可能なので実際に使ってみて納得できるかどうか自分自身で判断できるのも嬉しい限りです。
  • 厳しい検査で合格した高品質のウレタンマットレスを使用
  • 徹底的に品質管理がなされていて日本製であることも、トゥルースリーパーの人気の理由

ニトリや西川エアーの腰痛マットレス

腰痛マットレス

腰痛マットレスを扱うニトリや西川エアーの特徴をご紹介します。ニトリで取り扱う腰痛マットレスはお値段もほかの腰痛マットレスとそれほど変わらず、ニトリだから安いというわけではありません。

また、返品保証がないので購入した後の返品は不可です。腰痛マットレスとして開発販売されているものではないため、腰痛で悩まれる方が専用の腰痛マットレスで検討することをおすすめします。

まとめ

腰痛を解消させるために購入するならば専用の腰痛マットレスの購入を検討したほうがいいでしょう。なにより返金保証がついているということは、それだけ自信がある証拠でもあります。

腰痛マットレスを購入した方の9割以上はみなさん納得して使い続けています。納得出来なかったら返金してもらえるという安心感から購入したものの、実際はその使い心地に納得しているので返金せずに使い続けているわけです。

関連キーワード
腰痛の関連記事
  • 「たけしの家庭の医学」で話題|新型腰痛の確認と予防法
  • 腰痛マットレスの選び方を紹介!人気おすすめランキング
おすすめの記事